行政で回収不可の不用品の種類

行政で回収不可の不用品の種類は

行政で処分できない不用品

行政に不用品の回収をお願いするなら細かいルールに従わなくてはなりません。 間違えて捨ててしまうと回収されることなくそのまま置いて行ってしまうので、守らないとご近所迷惑にもなってしまうかもしれません。 行政の粗大ごみの回収ルールを確認てから処分をしましょう。

細かいルールに従えるのか

行政に不用品処分を依頼するならルールに従わないとなりません。 回収不可能な指定された品物も勿論回収されませんが、ルール守らなければ回収してもらえないので注意が必要です。 回収される日時、その方法もキッチリ決まっていますから対応できるかも考えなくてはならないですね。

不用品回収の行政の決まり

家で使わなくなったり壊れてしまった不用品を思い切って処分したいタイミングがあるかと思います。

普段は粗大ごみを捨てる機会も少なくて、自治体には捨て方にルールがある事は知っているけれど、その具体的な内容までは把握していない人もいるかもしれません。

どこの家庭にもあるような家電類のテレビ、エアコン、冷蔵庫、洗濯機は大きさには関係なく行政では回収をしてもらえません。
これらは家電リサイクル法の対象商品で、冷凍庫や衣類乾燥機も該当します。

パソコン関連ではノートパソコンやデスクトップパソコンなども形状には関係なくパソコンリサイクル法対象商品にあたるので回収外となります。

その他では、事業に伴い発生したゴミ、ピアノ、消火器、耐火金庫、バッテリータイヤも回収対象外の商品で簡単には処分ができません。

有害だと判断される物、引火や発火の恐れがある物、毒物や劇物などの危険な物、異臭や悪臭が激しい物もNGです。

長さが180センチを超えるような物、大人二人で持ち上げられないような重量のある物、石や砂や土なども行政では処分してもらえない不用品です。

回収してもらえなそうだとわかりやすい物から、こんな物まで回収してもらえないのかと驚く物もあるのではないでしょうか。
住んでいる自治体によっても若干の違いがあるので、不用品の処理を検討するのならチェックをする必要がありますね。

行政で処分してもらえない商品で捨てられずに困ったら費用は高くなりますが民間の業者でも不用品の回収はしてもらう事ができます。

回収されない品物は何か

普段処分しないような不要品はどうやって捨てたら良いのか、捨てても大丈夫なのか自分では判断しにくいかもしれませんが自治体のホームページや、自治体が発行しているゴミの捨て方が記載されている冊子には細かく説明があるので、そちらを確認すれば難しくはありません。

TOPへ戻る