行政で回収不可の不用品の種類は

>

行政で処分できない不用品

処分したくても不用品は何でも捨てられない

家庭で不要になった品物はいつでもどんなものでも処分できる訳ではありません。

どこの家庭にもあるものでも自治体では引き取り不可の品物もありますし、以前は捨てても大丈夫だった品物が法の改定により回収が不可能に変わっているかもしれません。

きっと大丈夫、みんな捨てている気がするなどの自己判断は行政には通用しないので、ルールの説明はしっかり読んでおきたいですね。

粗大ごみでしか捨てられないと思い込んでいた物が、分解したり切断してひと手間かければ燃えるゴミや燃えないゴミとして捨てられる事に気が付く事もあるかもしれません。

行政に不用品処分をお願いするなら細かいルールがあって捨てるには時間と手間が必要になります。

処分を急いでいるときほど注意が必要

家を片付けたいから少しづつ不用品を処分したいなぁと考えているような時には、時間がある時にゆっくり取り組めば良いので焦らなくて済むかと思いますが、引っ越しや物件の明け渡しなど、不用品を急いで処分しなくてはならない時に行政に依頼を考えるなら計画的に処分していかないと間に合いません。

たまにゴミ置き場に分別もされず何でもかんでも置かれた不用品を目にします。
行政では引き取らないテレビや消火器などもあったりしますが、ゴミ置き場だからと言っても捨てられない物を置いてしまったら不法投棄をしたのも同じです。

おそらく引っ越しで全部まとめて捨てて行ったのかもしれませんが、迷惑でしかありませんよね。

そうならない為にも計画的に処分していくか、別の手段を考えないとなりません。


TOPへ戻る