行政で回収不可の不用品の種類は

>

回収されない品物は何か

リサイクル法絡みの商品

行政には回収できない不用品があります。

どこの行政でも不可能な商品の代表は、リサイクル法が絡んだ物です。

まずは家電リサイクル法に該当する4商品があります。
テレビ、エアコン、冷蔵庫、洗濯機で、どこの家庭でも活躍している家電でもあり、消耗品で使用していればやがて壊れていつか処分をしなければならないような商品ではありますが、行政では捨てられないので購入した店に相談するか不用品回収業者に依頼を検討する必要があります。

パソコンリサイクル法に絡むパソコン類もデスクトップでもノートパソコンでもぎょうせいでは処分の対象外です。

リサイクル法が絡む商品は処分が大変なので、新品を購入した際に古い方は一緒に引き取ってもらうのが楽な方法なのかもしれません。

リサイクル法以外の処分対象外の物

リサイクル法に該当するような商品であれば品物も大きかったりするので処分できない商品だと判断しやすいかもしれませんが、燃やせないゴミに出せそうなイメージにみえても実際には処分対象外に該当する場合もあるので捨てる前にゴミのルールを確認しましょう。

自治体によって若干違いはありますが、事業に関わる不用品、防災用に購入したような耐火金庫や消火器は燃えないゴミか粗大ごみで捨てられそうに感じますが処分対象外です。

ピアノや車や自転車のタイヤやバッテリーなど趣味で購入したものの不要になったり、新しい物を購入した時に場所を取るので処分したくなりますがこちらも処分対象外に該当します。

また発火や異臭を発生するような、有害や危険を伴うもの、長さが180センチを超えるような物干し竿やサーフボードなどや、かなりの重量のあるもの、石、砂、土などの自然物も不可になります。


TOPへ戻る