行政で回収不可の不用品の種類は

>

細かいルールに従えるのか

面倒でもルールには従う

ただゴミを捨てたいだけなのに何でこんなに細かいルールが決まってるのか、面倒で説明を読む気にもならないなら行政に不用品を処分を依頼するのは避けた方が良いです。

コストは高くはなりますが民間の業者に依頼すれば、日時さえ業者と都合があれば不用品を一度に処分してくれます。
リサイクル法に該当するような商品などは対応している業者としていない業者がいるので処分する不用品により条件の合う方を選ばなければなりませんが、面倒と言ってもその程度のものです。

ルールを無視してゴミを捨てるのは違法行為になる事もありますし、場合によっては懲役刑や罰金にもなるそうです。

面倒に感じたとしても不用品の処分を考えるならルールには従わないとならないですね。

状況的に従えるかも検討する

ルールに従えば大丈夫だと言っても、そのルールに状況的に難しくて従う事が出来ない事もあるかも知れません。

不用品が粗大ごみに該当するなら、市町村に連絡をして決められた日時と場所に品物を運び出す必要があります。

小さなものならば対して問題ではないかもしれませんが、力のある大人が2人以上いないと重くてとても運び出せない物や、建物の構造上から素人が運び出すのが容易ではない場合もあるでしょう。

そのような状況の時は行政が取りに来てくれればありがたいのですが、今のところは指定の場所までは自分で運ぶというルールがあるので、どうにか運び出さなければならないので状況的に大変な事も予想されます。

高齢の人にとってはさらに難しい問題かもしれません。


TOPへ戻る