行政で回収不可の不用品の種類は

>

行政で回収不可の不用品の種類

処分に困る家電類

どこの家にでも使っているような家電なんて、壊れたり使わなくなってしまったら粗大ごみに出してしまったら良さそうな感じがしますが、家電の中には家電リサイクル法の対象商品があり、行政では処分してもらえない物があります。
家電4品と呼ばれているテレビ、エアコン、冷蔵庫、洗濯機が該当します。
この中には冷凍庫や衣類乾燥機も含まれます。

新しい物を購入したものの、古い方もまだ使えるからと残してしまうと行政には依頼できないので困ってしまいます。
できれば新しい物を購入した際に、購入店舗で引き取ってもらうのがコスト的にも手間もタイミングを逃すと楽かと思います。
タイミングを逃すと割高な料金で民間業者に依頼が必要になるかもしれません。

意外な物も捨てられない

行政で回収されない品物の判断は大きさや形状だけではできません。

例えば大きさだけで比べてみるとオーブンレンジも耐火性金庫も形や大きさも変わらない感じがしますが、オーブンレンジは粗大ゴミ、耐火性金庫は回収対象外です。

パソコンの関係のパソコンリサイクル法が絡む物、発火や爆発、異臭や劇物などの危険性のある物、長さがあったり重すぎて簡単には動かせない物が該当します。
土、石、砂なども害は無い物ですが回収されないようです。

ルール違反をしてしまうと、たかがゴミとはいえ法律違反となり処罰の対象となる恐れもあります。

自治体によって若干の違いがありますので、住んでいる地域のホームページや毎年配布される冊子で確認すると良いですね。


TOPへ戻る